求められる能力

群雄割拠の業界だからこそ

声優の仕事はいまや「声」だけにとどまりません。歌手、アイドル、舞台、女優と幅広いジャンルで活躍を見せています。それとともに声優に求められるものも変化しており、むしろ声だけでやっていける時代ではなくなったかもしれません。ですから、たとえば声優の専門学校などでは、基本的な声の勉強はもちろん、演技やダンスなど、さまざまなレッスンをおこなっており、マルチな才能を育成するための多種多様なプログラムを組んでいます。 そういった専門学校からは有名な声優も数多く輩出しており、いわば専門学校はプロへの架け橋となっています。 タレントや俳優などが垣根を越えて声の仕事をすることもあり、この業界はますます群雄割拠となっていくでしょう。

専門学校にかようメリット

声優になるためには才能とともに努力も必要です。そのために基礎は必ずおさえていかなくてはならず、たとえば発声の仕方や滑舌の改善や複式呼吸といった基本事項から、セリフやエチュードといった応用力まで、学ぶことはたくさんあります。独学でも不可能ではないですが、やはりそういった基礎力ができていなければ、仕事をこなしていくことは難しくなるでしょう。 声優の専門学校では、週1回のレッスンなどもおこなっており、学生や社会人でも負担なく受講することができます。また最近では小中学生のジュニアレッスンを開いているところも多く、吸収の早い時期から始めれば、将来の道が大きく開かれることでしょう。 専門学校は卒業後の就職斡旋もしてくれますので、その点でも大きなメリットがあると言えそうです。