経験を積むために

ゲームの高校で専門的な知識を学びませんか?プロの講師陣による指導で将来活躍できるスキルを身につけることができますよ。

高校生から声優を目指す

高校生で声優を志望している方は多いと思います。アニメが好きな人や、外国の映画に興味を持っている方など様々だと思いますが、声優になるにはもちろん必要なことはあります。高校生でする学校の授業なんて関係ないのではないかという人がいますがそんなことはありません。声優にとって無駄な経験は一切ありません。何よりその人の人生が表れる職業です。そのような風にいうと何でも当てはまりますが、声優は経験が必要な職業です。高校での部活や勉強などは、役に立ちます。どんな気持ちで望んだか、そういう時にどう思ったかなどを知ることができるからです。ですから、高校生活において経験したことは決して無駄ではないので、高校生活を大いに楽しむことが大切です。

学校に行くべきか、少しやっておくこと

声優を志望するにあたってですが、高校は卒業しておいた方が良いと言われています。なぜなら、高校卒業という条件を満たしていないと入ることができない養成所がほとんどだからです。それに高校生で習ったものがいつどのような形で現れるか分かりません。例えば、台本に書かれている漢字が高校生で習っていた漢字であり、中学校を卒業しただけなので漢字が読めなかったということでオーディションに落ちたりということもあります。そのため、高校を卒業することが前提だと思います。また、学生のうちにやっておくと良いことは、本に触れるということです。本を日頃から読むことにより、知識が付き、小説などに登場する人物の心情を読み取ることができるからです。また、どのように演技すればよいかなどをアニメや映画を見て学ぶこともしておいて損はないと思います。

声の仕事

声優の仕事はアニメーションや洋画の吹き替えなど多岐にわたりますが、それらの声の仕事につくための知識や技術は、専門学校で学ぶことが出来ます。多くの人気声優たちが、学校を卒業しているのです。

求められる能力

声優の専門学校に通って実力をつけていく意味、それは、求められる能力が多様化している現状に対応できる人材としてデビューするために欠かせない指導が受けられる、というところにあります。

選択肢の特徴

声優の専門学校を利用するとなれば、それぞれの選択肢の特徴について目を向けておくことが大切です。自分の成長につながるかどうか、学費は現実的かどうか、そういった点は無視できません。